« 緊急講演会「基地のたらいまわしを問う! 〜普天間基地移設と在日米軍基地再編〜」 | トップページ | 写真家・今泉真也さん 講演会「美ら海からのメッセージ 基地・平和・環境」 »

第8次イラク派兵反対・集会と天神一周デモ

米英軍は占領をやめろ!
自衛隊はイラクに行くな! 直ちに撤退しろ!
派兵期限延長−熊本からの第8次派兵許すな!
国際反戦デー
10/23集会とデモ

10/23(日) 14:00 集会 警固公園(福岡市中央区天神)
*集会後、14:30 天神一周のデモに出発します。
雨天決行 鳴り物、プラカード等ご用意下さい。

集会・行動呼びかけ主催団体:
 女たちのデモ実行委員会
 アメリカのイラク攻撃を許さない実行委員会
  代表:青柳行信(カトリック福岡正義と平和協議会)

連絡先:沖縄とむすぶ市民行動・福岡
 TEL 090-1364-2261(木下)E-mail info@okinawa.npgo.jp

【米国主導の傀儡「民主化」プロセスは破綻する】
ブッシュ大統領は、米軍駐留を無期限に継続することを宣言し、米軍は、ファルージャ大虐殺に続いて住民皆殺しの軍事作戦をイラク各地で強行し、住民を片っ端から虐殺・拘束しています。
そのもとで、イラクの「民主化」プロセスー傀儡政権づくりを推し進めようとしています。
しかし、米軍の占領支配と傀儡政権に対するイラクの人々の闘いの前に、「民主化」プロセスなるものは完全に破産しようとしています。
5月以降は1日70件もの米軍への戦闘が起され、イラク全土に解放勢力の「解放区」が存在し、バグダッドにおいても連日のように大規模なデモが繰り返されています。
開戦以来の米兵の死者は1900人をこえ、戦線逃亡した米兵の数は5500人。イラクから帰還した米兵の3−4割が精神的障害になっているといわれています。カイライ政府の軍隊からも逃亡が相次ぎ、正義なきイラク占領そのものによって米軍と傀儡軍が崩壊の危機に陥っているのです。

【とめよう! 第8次派兵−イラク特措法延長】
9/11の総選挙で「圧勝」した小泉政権は、郵政民営化を突破口に憲法改悪など戦争国家日本の形成にむけ、イラク戦争に参戦し続けようとしています。
自衛隊が駐留するサマワでは連日のようにイラク人民のデモが闘われています。
8/7には3000人の大規模なデモが闘われ、警察がデモ隊に発砲し、デモ隊が投石で応戦し、1人が死亡、50人以上が負傷しました。怒ったサマワ住民が翌日には武装して町を制圧すると言うことも起こっています。
彼らは「自衛隊は何をしてくれたというのか。彼らがサマワにいて満足するのは米政府だけだ。われわれはイラクに駐留するいかなる国の軍も占領軍とみなし即時撤退を求める」と訴えています。6月23日の自衛隊車列への爆弾攻撃は、自衛隊へのゲリラ戦闘の本格的な開始です。
こうした中で小泉首相はイラク派兵をあくまで継続し、第8次派兵を進め、さらに12月、派兵期限を延長しようとしています。たとえ自衛隊員がイラクの人々を虐殺し、戦闘で殺されることになろうとも、イラク占領を担い続けようとしているのです。

【アメリカ−全世界の反戦運動と連帯して、立ち上がろう!】
今、アメリカで全世界でイラク戦争が始まって以来の、大きな反戦運動のうねりが始まっています。
アメリカではイラク戦争で息子を亡くしたシンディ・シーハンさんの闘いをきっかけに、反戦運動が盛り上がり、9月24日にはこれまでこれまでにないワシントン・30万人のデモが行われました。その先頭にたったのは戦死した兵士の家族や帰還した兵士、退役軍人です。同日、イギリスでも10万人がロンドンでデモを行われました。
全世界の反戦運動と連帯してテロ特措法・イラク特措法の再延長、11月九州・熊本からの第8次派兵を絶対に止めよう!自衛隊をイラクから撤退させよう!

【「反戦の母」シンディ・シーハンさんの訴え】

「息子はテロリストに殺されたのではない。彼がイラクから出ていくように要求しているシーア派の義勇兵によって殺された。ケーシーは解放者としてチョコレートと花束で歓迎されると教えられたが、イラクの人びとはまったく違う見方をしていた。彼を占領者の一人として見ていた」
「私は、ブッシュにケーシーが死んだ崇高な任務とはなんなのか答えさせようと思った。息子は石油のために死んだと言え。息子はお前の仲間をより金持ちにするために死んだと言え。アメリカの帝国主義を中東に拡大するために死んだのだと言えと言うつもりだ」

*息子をバグダッドのゲリラ攻撃で受け亡くしたシーハンさんはブッシュが休暇中のテキサス州の牧場を訪れ、なぜ息子が死んだのかの説明を要求し、座り込みを続けて、同じようにイラク戦争で息子を亡くした母親たちがこの座り込みに加わり、支援者も含めて100人を超える事態になっている。シーハンさんの活動は、大きな反響を呼び9/18にはシーハンさんを支援する集会が全米1600ヶ所で行われ、約10万3000人(主催者発表)が参加。ブッシュは面会と討論をあくまで拒んでいる。

|

« 緊急講演会「基地のたらいまわしを問う! 〜普天間基地移設と在日米軍基地再編〜」 | トップページ | 写真家・今泉真也さん 講演会「美ら海からのメッセージ 基地・平和・環境」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

世界の自由と平和は力で保たれているのです。オーソドックスな理論を無視した感情優先の運動には断固反対します。

>シーハンさんを支援する集会が全米1600ヶ所で行われ、約10万3000人(主催者発表)が参加

主催者の発表を鵜呑みにするんですか?しかも同じ場所にシーハンさんを非難するデモ参加者もいたというではないですか!左翼市民運動は、このように事実を歪曲するから嫌いなんです。

投稿: 舎 亜歴 | 2005年10月 5日 (水) 18時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 緊急講演会「基地のたらいまわしを問う! 〜普天間基地移設と在日米軍基地再編〜」 | トップページ | 写真家・今泉真也さん 講演会「美ら海からのメッセージ 基地・平和・環境」 »