« 米軍基地・基地経済という蟻地獄と闘う岩国 | トップページ | 福岡防衛施設局へ抗議の申し入れ »

基地のある日常 笑い飛ばすサァ

朝日新聞労働組合西部支部より、催しの告知と宣伝の依頼をいただきましたので、チラシより転載してお知らせします。
なお、この催しについてのお問い合わせは、文末にあります朝日新聞労働組合西部支部までお願いします。


朝日新聞労組西部支部 プレ5・3集会
基地のある日常 笑い飛ばすサァ

4月28日午後1時半、大博多ホール

 今年もやります。でも、いつもと違います!―朝日新聞労働組合西部支部は4月28日午後1時半から、プレ5・3集会「美しい国へ? 沖縄から日本を笑う」を開催します。毎年恒例の社内の会議室を飛び出て、400人収容の大博多ホール(福岡市博多区博多駅前2-20-1、大博多ビル12階)に会場を取ります。お招きするのは沖縄で活躍するフリー・エンジョイ・カンパニー(FEC)。沖縄の基地問題の厳しい現状を、ピリリときいた風刺で笑い飛ばす公演「お笑い米軍基地」で注目されています。九州初上陸です。面白いです。考えさせられます。ぜひ御参加下さい。朝日社員の皆様はカンパにご協力下さい。一般の方は入場申し込みをお待ちしております。

「お笑い米軍基地」九州初上陸

 FECは93年に旗揚げし、那覇市内を中心に活動。「お笑い米軍基地」は、戦後60年の05年に初めて上演しました。脚本・演出を担当している小波津正光さんが、04年にあった沖縄国際大(宜野湾市)での米軍ヘリ墜落事故への憤りをネタにしたのがきっかけでした。
 ヘリの爆音で、患者にがんを告知しようにも、医者の声がかき消されて伝えられず悪戦苦闘するといった「日常の一コマ」を切り取って、基地問題の切実さを笑いの中で描いています。
 小波津さんは昨年、「キャンプ・ハンセンって名前は笑えるさぁ。米軍基地なのに反戦(ハンセン)どぉ」など沖縄言葉でつづった著書「お笑い米軍基地」も出版しています。
 沖縄には、日本にある米軍基地の7割強が集中しています。沖縄に負担を押し付ける形で守られている日本の安全。その日本で語られている「愛国心」って何なのでしょう。そういうことにまで思いをはせたいと考えています。
 プレ5・3集会は、87年5月3日の阪神支局襲撃事件で、朝日新聞記者が殺害されたのをきっかけに、言論の自由を守ろうと阪神地区で始まった5・3集会を、全国で支えようと始まりました。5・3集会は今年で20回になります。皆様のカンパとご支援で成り立っています。入場は無料ですが、一般の方は当日、会場でカンパをお願いいたします。朝日社員は別紙でカンパを募集しています。どうぞご協力下さい(朝日社員は当日、社員証で入場を受け付けます)。

一般の方、往復はがきでお申し込みください!

 集会は入場無料ですが、一般の方は往復はがきでの事前申し込みが必要です。住所、氏名、年齢、職業、電話番号、返信用あて先を記入の上、〒812-8511 福岡市博多区博多駅前2-1-1 朝日新聞労働組合書記局へ。返信ハガキが入場整理券となりますので、当日、ご持参ください。なお、応募多数の場合は抽選となり、当選連絡は発送を持って替えさせていただきます。17日(火)必着。

■主催 朝日新聞労働組合西部支部 TEL 092-414-6211


関連リンク

|

« 米軍基地・基地経済という蟻地獄と闘う岩国 | トップページ | 福岡防衛施設局へ抗議の申し入れ »

普天間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米軍基地・基地経済という蟻地獄と闘う岩国 | トップページ | 福岡防衛施設局へ抗議の申し入れ »