« 2009年12月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年1月

おめでとう沖縄!

1264344150_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日出生台演習場での米海兵隊の実弾砲撃演習に抗議

来月2月1日より、大分県由布市の陸上自衛隊日出生台演習場にて、4年ぶりとなる沖縄・キャンプハンセン駐留アメリカ海兵隊の実弾砲撃演習がおこなわれます。すでに、昨日1月22日、先発隊と物資の一部が福岡を経由して現地に入りました。

 関連報道 http://tinyurl.com/yasoef2

住民が隣接して暮らす中での演習。そして米兵の「外出」の際は米兵の野放図をただ見てるだけで、米兵よりも反対派住民の監視の方に余念がない福岡防衛局。
政権交代があっても、この構図は今回も変わらないのでしょうか。

米軍と九州防衛局は「テロ対策」を口実に、今回は演習に関する情報を極力出さないようにしています。しかし、これはテロ対策というよりも抗議行動対策という感じでしょうか。

以下の通り、現地演習場ゲート前での抗議集会の呼び掛けがされています。
ぜひ、当日は現地に集まって、抗議の声をあげましょう。

※下記以外にも、さまざまな抗議行動が計画されているようです。「米軍基地と日本をどうする ローカルNET大分・日出生台」のホームページ等をご参照ください。

(転送歓迎)

いっしょに抗議の声をあげてください。

4年ぶりとなる米軍の実弾砲撃訓練は、
2010年2月1日から14日までの間に10日間。
今回は小火器(小銃や機関銃など)も使用することに
なっています。
現地ではこれまでに浦田龍次さん(「ローカルネット大分・日出生台)たちが、
県との交渉などで訓練の中止や情報公開を申し入れてくれています。
日常的な抗議行動になかなか参加できない私たちは
次の日程で抗議集会を持つことにしました。
ぜひ、ご参加下さい。そして、いっしょに声を上げてください。

○米軍の実弾砲撃訓練に抗議するゲート前集会
とき:2010年2月7日(日)13時~14時
ところ:日出生台演習場正門前

*降雪や凍結で日出生台まで行けないこともあります。
念のため、12時に見成寺(けんじょうじ)さんで落ち合いましょう。
天候にもよりますが、タイヤチェーンなどできるだけ準備してください。
どうしても日出生台まで行けない場合は、浦田さんのご両親のお店
(あけびの里=湯布院町)の2階大広間での集会に切り替えます。
寒さの厳しい所です。防寒着の用意を忘れないようにしてください。
ゲート前では、先着の人に駐車場所を確認して下さい。

集会後は監視情報センターを訪ねて交流します。

*あけびの里は1階がレストランで食事ができます。
また、2階の広間では、雑魚寝ですが、宿泊もできます。
露天風呂あり。一泊2000円(特別料金)です。

お問合せ先
見成寺 0977-84-2257
あけびの里 0977-84-2621
梶原 0979-23-1134
なお、現地でのお問い合わせは、次の携帯電話にお願いします。
090-4997-9747(渡辺)
090-5948-5679(梶原)

呼びかけ人
渡辺ひろ子(平和といのちをみつめる会)
梶原得三郎(草の根の会)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年3月 »